懐かしの画像です。

この画像は2013年8月長崎でインターハイを見学した時の画像です。私も仕事の夜勤で寝ずにそのまま長崎に行きました。当時 古川聖也君(現 博多高校空手道部2年生主将) と古川陽大君(現 宮若西中学校1年生)です。親子さんも全国大会のレベルの高さと周囲の歓声に圧巻され、ここから彼らと親子さんの空手に対する思いが変わり始めたのです。また憧れである 華頂女子空手道部監督の 荒賀知子監督との写真です。世界大会2連覇された先生で 形・組手共に世界トッププレイヤーです。弟さんは皆さんご承知の現 京都産業大学空手道部監督の荒賀龍太郎監督です。私の兄貴分の田代忠義さん(九州産業大学空手道部)の奥さんが(元日本代表選手)華頂女子の空手道部で荒賀知子監督の先輩にあたり、取り次いでもらって写真をお願いしました。時は立つのは早いもので彼らも今や全国大会で活躍するようになりました。しかし私が何より一番嬉しいのは後輩達に練習のアドバイスや面倒をみてくれる所です。初めての弟子達だったので思い入れがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

今日の組手練習